ここから本文です

「B1A4」ジニョン、俳優パク・ボゴムへ「ピアノコラボ」のオファー

WoW!Korea 9月7日(水)14時25分配信

韓国アイドルグループ「B1A4」のジニョンが、俳優パク・ボゴムと作曲について語り合ったことを明かした。

B1A4のプロフィールと写真

 ジニョンは7日午前放送のアリランTV「ショービズコリア」で、ドラマ「雲が描いた月明かり」を通して、パク・ボゴムなど俳優たちと共演したことについて言及。

 ジニョンは「まず、互いに年齢がちかいこともあり、共感できる点が似ていた。セリフで息を合わせることも重要だが、日常の中で息が合うことが重要だと感じた。顔を合わせて一緒に食事して、たくさん語り合った。その状態からドラマ撮影をスタートさせ、さらにシナジー効果が出たようだ」と振り返った。

 また、パク・ボゴムとは作曲について語り合ったというジニョン。「実際に作曲してみたいと(パク・ボゴムが)話し、音楽についてもたくさん会話した」とし、「スマホに作曲プログラムが入っている。ある場面で曲が流れるシーンがあるのだが、その部分をプログラムに打ち込み、伴奏を重ねてみた。休憩時間は、そのような遊びをしながら過ごしたのだが、メロディがとても良かった」と説明。

 この流れで、ジニョンはパク・ボゴムに”ピアノセッション”を頼んだことを明かし、「いつか、ピアノを弾いてコラボレーションしようと提案した。歌はまだ聞いたことがないが、歌唱力もあるようだ」とパク・ボゴムの音楽性に驚いたようすだった。

最終更新:9月7日(水)14時25分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。