ここから本文です

MIYAVI「全てをぶつけあった」写真集出版、撮影は鋤田正義

音楽ナタリー 9月7日(水)13時22分配信

MIYAVIの写真集「MIYAVI×SUKITA」が9月16日に発売される。

本著はデヴィッド・ボウイやYMOらの写真で知られるフォトグラファー・鋤田正義がMIYAVIを撮影したもの。さらにアートディレクションは坂本龍一のCDジャケットをデザインする中島英樹氏、スタイリングは氷室京介のステージコスチュームなどを手がけてきた島津由行氏、ヘアメイクは数々の広告や映画作品でディレクションに携わる冨沢ノボル氏、編集はデヴィッド・ボウイやYMOの写真集で知られる熊谷朋哉氏がそれぞれ担当している。

【この記事の関連画像をもっと見る】

撮影を終えた鋤田は「MIYAVIくんは、“自分”を壊すことを全く恐れない。いつも新たなMIYAVI像を探し続けている。このフォト・セッションは、デヴィッド・ボウイ以来の興奮でした」とMIYAVIを称賛。一方、MIYAVIは「全てをぶつけあって、火花が散りました。僕たちは男同士だけど、セックスに似た感覚だったと言えるかもしれない」と渾身の作品であるとコメントした。

なお9月19日にスタートするMIYAVIの全国ツアー「MIYAVI Japan Tour 2016 "NEW BEAT, NEW FUTURE"」の各会場では、写真集に本人の直筆サインが入った特別版が数量限定で販売される。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

最終更新:9月7日(水)18時15分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。