ここから本文です

池袋にミッフィーの生花店「フラワーミッフィー」 生花・観葉植物、独自ミッフィーグッズなど /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月7日(水)14時57分配信

 池袋のサンシャインシティ(豊島区東池袋3)に9月16日、人気キャラクター「ミッフィー」を打ち出す生花店「フラワーミッフィー」がオープンする。運営はベネリック(港区)。(池袋経済新聞)

リース、プランターカバー、一輪挿しなどのミッフィーグッズ

 オリジナルグッズを中心としたミッフィーグッズや、気軽に持ち帰りできるミニブーケなど生花や観葉植物などを取り扱う同店。オンラインショップでも商品を展開しており、実店舗は同店のみ。

 店内は、ミッフィー作品の故郷であるオランダなどに着想を得た洋風モチーフになっており、一部ガラス面などのグラフィックデザインには、作品の中に登場する「花」のイラストデザインを配置するという。子ども向けや大人向けの「花育」ワークショップも企画予定。

 オープン記念として、9月初旬から仮囲いラッピング箇所に掲示する事前告知ポスターの撮影画面か、オープン告知の特典付きチラシを店頭で提示することで、オープン記念グッズを進呈する。3,000円以上購入した客にはオリジナルトートバッグを進呈する。いずれもプレゼント商品が無くなり次第終了。

 営業時間は10時~21時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月7日(水)15時55分

みんなの経済新聞ネットワーク

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。