ここから本文です

横澤夏子、女優業に意欲 共演希望は「田中圭さん!」

デイリースポーツ 9/7(水) 12:14配信

 お笑いタレントの横澤夏子(26)が7日、東京・吉本興業本社で行われた「東京グランド花月」(9月29日~10月2日、サンシャイン劇場)のPR会見に出席。女優業への“転身”に興味を示した。

 横澤は、現在放送中のTBS系ドラマ「せいせいするほど、愛してる」(火曜、後10・00)にレギュラー出演。会見に同席したNON STYLEの井上裕介(36)に水を向けられると「やだ~!」と照れつつ「愛されてるんですよ!」とうれしそうに答えた。

 ドラマについては「新しいお仕事なんで、とってもうれしいんですけど、いい女ぶれるというか、ネタでいい女ぶってたら、ドラマでいい女になって」と笑顔。すかさず井上に「俺、見てますけど、完璧に横澤夏子ですよ。(キャラが)消えてないで」と突っ込まれ、「やだ~!ちょっとなんとか頑張って、これからどんどん消していこうと。普通の演技ができるように」と、本格的な女優業への意気込みも口にした。

 井上には「誰とラブストーリーしたい?」と問われ、「田中圭さん!一番大好きなんで」と即答。また、お笑いの現場との違いについては「スタッフさんが私に傘を差して下さるんですよ。すごい恥ずかしいんですけど」と明かした。

 “本業”に関しては、「東京グランド花月」の本公演には初出演となるだけに「前回、おかずクラブが本公演に出てて、いいなって思ってたんで、うれしい限りです。なかなかNGK(なんばグランド花月)にもお仕事で行かせていただけないので、頑張ります」と意気込んでいた。

最終更新:9/7(水) 12:31

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]