ここから本文です

卓球・水谷メダル獲得で大赤字を回避

東スポWeb 9月7日(水)16時48分配信

 リオ五輪卓球男子シングルス銅メダル、団体銀メダルの水谷隼(27=ビーコン・ラボ)が大赤字を回避していた。

 水谷は6日、都内の六本木ヒルズで行われた映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(12月16日全国ロードショー)のPRイベントに参加。仲間と不可能なミッションに挑む姿を描いたストーリーにちなみ、リオ五輪でチーム一丸となって結果を残した競泳男子400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也(22=JSS毛呂山)、男子200メートルバタフライ銀メダルの坂井聖人(21=早大)とともに登場した。

 試合中を含め、普段はパンツをはかないという水谷は「今日はパンツはいてま~す。安心してくださ~い」と宣言し会場を沸かせた。さらにリオでの秘話を聞かれると、2週間にわたった家族の現地滞在費が170万円もかかったと告白。それでも「(メダルを取ったことで)日本卓球協会とJOC(日本オリンピック委員会)からの報奨金で大幅な黒字に終わりました~」と明かし、大きな拍手を受けた。

 JOCは銀メダルに200万円、銅メダルに100万円、日本卓球協会はシングルス銅メダルに200万円、団体銀メダルに100万円の報奨金を出すことが定められている。メダル獲得で確かに大幅黒字決済となった。

最終更新:9月7日(水)16時48分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。