ここから本文です

Pokemon GOプレイヤーは24% やめる理由は「バッテリーがなくなる」――MMD研究所調べ

ITmedia ニュース 9月7日(水)11時45分配信

 「Pokemon GO」を現在遊んでいる人は24.2%――MMD研究所は9月6日、2016年8月時点のPokemon GO利用実態調査の結果を発表した。

【やめた理由の一覧をみる(MMD研究所調べ)】

 調査は8月19~26日にかけ、15~69歳の男女2190人にWebアンケートで実施した。Pokemon GOを遊んだことがあるかを聞いたところ、「現在プレイしている」が24.2%、「過去にプレイしていた」が13.5%を占め、合わせて37.7%が遊んだ経験があった。

 1度でも遊んだことがある人にプレイ期間を聞いたところ、調査時点では、最長の「~5週間程度」が21.9%と最多だった。プレイ状況別に見ると、現在も遊んでいる人は「~5週間程度」(31.3%)が最も多かったが、過去に遊んでいた人の場合は「~3日程度」(39.0%)が最も多く、3日以内にやめてしまった人が多いことが分かった。

 過去にプレイしていた人にやめた理由を聞いたところ「バッテリーがなくなる」(42.0%)、「自宅でできることがあまりない」(38.3%)、「同じことの繰り返し」(37.6%)などが上位に挙がっていた。

最終更新:9月7日(水)11時45分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]