ここから本文です

小田原の書店が「利き醤油イベント」 「醤油本」著者招き /神奈川

みんなの経済新聞ネットワーク 9月7日(水)15時0分配信

 ダイナシティ(小田原市中里)WEST4階「Cafe nota nova(カフェ ノータ・ノーヴァ)」(TEL 0465-49-8167)で9月9日、「醤油(しょうゆ)本」の著者・高橋万太郎さんを招いて「トーク&きき醤油イベント~自分好みの醤油に出会えば、毎日がおいしくなる~」が開催される。主催は伊勢治書店ダイナシティ店。(小田原箱根経済新聞)

「醤油の魅力を体感してもらえれば」と高橋万太郎さん

 「醤油本」(玄光社MOOK=共著・高橋万太郎、黒島慶子)の出版記念イベントとして行われる同トークイベント。高橋さんは「職人醤油」(群馬県前橋市)の代表で、全国300以上の醤油蔵を訪問し、各地の蔵元と連携してよりすぐりの醤油を100ミリリットルに統一して販売する事業を立ち上げた。

 当日は醤油の魅力や味わい方を知ることができるほか、全国から選んだ醤油で「きき醤油」も行う。醤油と一緒に小田原の「鈴廣かまぼこ」も楽しめる。

 高橋さんは「醤油の基礎知識に触れていただくと魅力を体感することができる。かまぼこと醤油との関係も奥深く神秘的」と話し、当日を楽しみにしているという。

 開催時間は17時~18時。参加費は1,000円(1ドリンク付き)。参加申し込みは伊勢治書店ダイナシティ店(TEL 0465-49-8167)で受け付ける。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月7日(水)17時22分

みんなの経済新聞ネットワーク