ここから本文です

京都国際映画祭2016、オープニング作品は三船敏郎ドキュメンタリー

映画ナタリー 9月7日(水)14時45分配信

京都国際映画祭2016のプログラム発表会見が、9月6日に京都・よしもと祇園花月にて行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

京都映画祭の伝統と志を引き継ぎ、新たな歴史の幕を開けた京都国際映画祭も2016年で3回目。「京都上ル上ル(あがるあがる)」をキャッチコピーに掲げる今年は、世界遺産の元離宮二条城でオープニングセレモニーが行われると発表された。

映画部門では、俳優・三船敏郎のドキュメンタリー「MIFUNE:THE LAST SAMURAI」がオープニング作品として上映されることが明らかに。また佐村河内守を取り上げた「FAKE」など数々のドキュメンタリー作品を手がける森達也の特集も行われる。会見では森がステージに登壇し、世間の注目がドキュメンタリー作品に集まることについて「裏庭の、薄暗いところにある石をひっくり返すといろんな虫がくっついていますよね。ドキュメンタリーは、そういう分野。だから、きらびやかな場所は居心地が悪くて、今困っています」と率直に述べた。「森達也特集」では、森によるトークイベントも実施されるという。

さらにサイレント映画の特集も。「チャップリン特集」「ショート・コメディ傑作選」「おもちゃ映画傑作選」「小津安二郎」という4つのプログラムが展開され、小津監督作「突貫小僧」の最長版が世界初上映される。

京都国際映画祭2016は10月13日から16日まで、よしもと祇園花月をはじめ京都市内各所にて行われる。上映作品の詳細は以下に記載する。

京都国際映画祭2016
2016年10月13日(木)~16日(日)京都府 よしもと祇園花月、立誠シネマ / 元・立誠小学校、京都国立博物館ほか

オープニングプレミア上映
「MIFUNE:THE LAST SAMURAI」

ドキュメンタリー
「ウォーナーの謎のリスト」
「ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。」
「Roxanne Lowit Magic Moments」

<森達也特集>
「FAKE」
「ミゼットプロレス伝説~小さな巨人たち~」
「A」
「A2 完全版」

サイレント映画
<チャップリン特集>
「キッド」
「チャップリンの黄金狂時代」
「サーカス」
「街の灯」
「モダン・タイムス」
「チャップリンの独裁者」
「ライムライト」

<小津安二郎>
「突貫小僧」
「淑女と髯」

<ショート・コメディ傑作選>
「ブッシュ家のポンコツ自動車」
「無理矢理ロッキー破」
「キートン特選ギャグ集 その1」
「喜劇映画特選ギャグ集 その2」

<おもちゃ映画傑作選>
「おもちゃ映画de玉手箱(戦前アニメ映画集)」
「ちびっ子ギャング妖怪退治」
「アメリカ・アニメ傑作選」

TV DIRECTOR'S MOVIE
「Bros.マックスマン」
「愛MY~タカラモノと話せるようになった女の子の話~」
「A.I. love you」
「よしもと新喜劇映画商店街戦争~SUCHICO~」
「劇場版 新・ミナミの帝王」
「ホラーの天使」

特別招待作品
デルシネ「エル・シュリケンvs新昆虫デスキート」ほか

最終更新:9月7日(水)14時45分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。