ここから本文です

レゲエバンドUB40、英野党党首の再選支援を表明

ロイター 9月7日(水)13時53分配信

[ロンドン 6日 ロイター] - 英国のレゲエバンド、UB40が6日、野党労働党のコービン党首の再選キャンペーンを支援すると明らかにした。芸術関連支出の削減政策を転換すると訴えるコービン氏を評価している。

党首選は今月結果が判明し、コービン氏の再選が見込まれている。

UB40はフェイスブックで「ジェレミー(コービン氏)は、社会から疎外されていると感じていた人々の政治への関心を再び呼び覚ますとともに、新世代の若者たちに自分たちを本当に代表する清廉な政治家が存在すると初めて確信させ、彼らを巻き込み触発した」と指摘。

さらに「ウェストミンスターには大きな変革が必要。ジェレミーはそれを実現する男だ」とも訴えた。

UB40は1970年代に結成され、「レッド・レッド・ワイン」や「好きにならずにいられない」などのヒット曲で知られる。

最終更新:9月7日(水)13時53分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。