ここから本文です

世界的な有名歌手の娘が、巨額の全身整形で別人に!

Movie Walker 9月7日(水)11時35分配信

一世を風靡したオリビア・ニュートン=ジョン(67)の娘クロエ・ラタンジー(30)は、バービー人形を目指して今までに総額41万5000ドル(約4300万円)の全身整形を行ったようだ。

【写真を見る】整形総額4300万円!バービー人形を目指すクロエ

クロエは、昨年の時点でかなり顔をいじっており、母オリビアの面影はほぼなくなっていたが、その後も美容整形で変化していく様子は誰の目にも明らかだった。そして今年6月クロエは、インスタグラムにプールサイドのバーにまたがった自身のセクシーショットを投稿したが、そのわずか3か月後に自らポスティングした写真は、顔も胸元もさらなる激変を遂げている。

「クロエはかねてから『バービー人形のようになりたい』と言っていて、その夢をかなえたようです。鼻とお尻などを含めた美容外科手術に、ボトックスやフィラー、そして豊胸手術を何度も繰り返しており、総額は41万5000ドルにのぼるといわれています。それでもクロエは、完全に満足しているわけではないようです」

「友人たちの間では『肋骨も数本取り除いたのではないか』という噂もあるくらいです。母親のオリビアは美容整形に執着しているクロエをとても心配していました」と関係者が豪New Idea誌に語っている。

クロエは18歳の時に拒食症でリハビリ施設に入院。その後も薬物やアルコール依存症に苦しみ、2013年にもリハビリ施設に入っている。しかし現在は2009年に知り合い、2012年に婚約した武術家のジェームズ・ドリスキルと同棲中で、今年中に挙式する予定だと報じられている。【NY在住/JUNKO】

最終更新:9月7日(水)11時35分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。