ここから本文です

【全米テニス】錦織、マリーとの再戦「楽しみ。自信もついて臨める試合」

スポーツ報知 9月7日(水)6時6分配信

◆テニス 全米オープン第8日 ▽男子シングルス4回戦 錦織圭3―0イボ・カロビッチ(5日、米ニューヨーク・ナショナル・テニスセンター)

 【ニューヨーク5日=大和田佳世】男子シングルス4回戦で世界ランク7位の錦織圭(26)=日清食品=が、準優勝した14年以来2度目の8強入りを決めた。同23位で身長211センチのイボ・カロビッチ(37)=クロアチア=の強力サーブに、的確な読みと鋭いリターンで応戦。ミスでの失点をわずか7に抑えた。7日(日本時間8日)の準々決勝ではリオ五輪準決勝で完敗した同2位のアンディ・マリー(29)=英国=に挑む。

 ◆錦織に聞く

 ―サーブが改善された。

 「(前日練習で)見直した部分もある。リターンがいい選手ではないので、あまりリスクを冒さなくて良かったのも一つある」

 ―ミスが少なかった。

 「(3回戦で対戦した)マユと似てる部分が多かったので、なるべくラケットを振ってボールに威力をつけることを意識した」

 ―A・マリーとの再戦。

 「今時点では楽しみ。いい試合ができて、自信もついて、臨める次の試合。体力的にも問題ない」

 ―マリーのプレッシャーはどう思う?

 「リターンゲームは特に一番あるかもしれない。前に入って攻めてくる選手」

 ―改築に入るアームストロングでシングルスを最後に戦った選手として、会場にサインをした。思い入れはあるか?

 「いや~、全くなかったですね。すいません。早く帰りたいです」

最終更新:9月8日(木)1時29分

スポーツ報知