ここから本文です

プロトコーポ、Pepper向けロボット自動車査定アプリを提供開始

レスポンス 9/7(水) 19:00配信

プロトコーポレーションは、ソフトバンクの人型ロボット『Pepper』(ペッパー)を活用した自動車査定アプリ「データラインロボ査定」の提供を9月7日より開始した。

[関連写真]

データラインロボ査定は、プロトコーポレーションが保有する中古車の小売成約情報、流通相場情報や買取相場情報など、膨大なデータベースをPepperと連携させることで実現したロボット査定アプリ。Pepperのディスプレイを使用し愛車の情報を入力すると、査定結果の下取り参考価格をPepperの音声や動作、ディスプレイを通じて提供する。

プロトコーポレーションは、Pepper向けアプリ「データライン ハイ!ロー!グー!」と「データライン ロボとも」を同時にリリース。データライン ハイ!ロー!グー!は、クイズ型接客アプリ。店舗在庫車の販売価格を高いか、安いか、ピッタリかを回答して遊ぶことができる。データライン ロボともは、Pepperに「LINE」で提供される友だち追加の二次元コードを見せるだけで友だち登録が簡単にできるアプリ。ユーザーはLINEを通じて新車ディーラーや中古車販売店のクーポンやセール、イベント情報の取得が可能になる。

また今回のアプリ提供に伴い、プロトコーポレーションはソフトバンクと協業し、新車ディーラーおよび中古車販売店にPepperの販売を開始。プロトコーポレーションが保有する自動車関連業界のネットワークを活用してPepper及び「データライン ロボ査定」アプリの販売数拡大を目指していく。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/7(水) 19:00

レスポンス

なぜ今? 首相主導の働き方改革