ここから本文です

「シン・ゴジラ」“発声上映”全国で一斉開催 劇場で声出し、コスプレOK

ITmedia ニュース 9月7日(水)13時57分配信

 映画「シン・ゴジラ」を劇場で見ながら声を出したりサイリウムを振ったりできる「発声可能上映」が9月15日、「TOHOシネマズ新宿」(東京都新宿区)や「TOHOシネマズ 天神」(福岡市)など全国の26劇場で一斉に行われる。

 上映は15日午後7時半から。声を出したりサイリウムを振れるほか、コスプレもOKだ。「静かに映画をご鑑賞されたいお客様には不向きの上映」としている。

 TOHOシネマズ新宿では上映終了後、庵野秀明総監督と俳優の市川実日子さん、松尾諭さん、高橋一生さんによる舞台挨拶を行い、その模様を全国25劇場に生中継する。

 チケットは8日午前0時からネットで発売。劇場では8日のオープン時間に販売する。

 劇場で声を出しながら映画を見られる上映は近年広がりつつあり、16年公開のアニメ映画「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(通常:キンプリ)の「応援上映」も話題になった。シン・ゴジラの最初の「発声上映」は8月15日、「新宿バルト9」で行われ、庵野総監督などが参加した。

最終更新:9月7日(水)13時57分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。