ここから本文です

品川新駅の概要発表 隈研吾さんが設計、和をイメージして /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月7日(水)18時29分配信

 JR東日本は9月6日、JR山手線・品川駅-田町駅間に開業予定の「品川新駅」(仮称)の概要を発表した。(品川経済新聞)

品川新駅の内観イメージ

 新駅は田町駅から約 1.3キロメートル、品川駅から約 0.9キロメートルの品川車両基地の跡地内に整備する。ホーム形態は線路別の島式2面4線(山手線、京浜東北線)。地上3階と地下1階の構造で、高さ約30メートルの鉄骨造り。2020年春に暫定的に開業し、2024年に本開業する。

 駅デザインを担当するのは、 渋谷駅周辺地区の再開発(渋谷区)や宝積寺駅(栃木県塩谷郡)をデザインした建築家の隈研吾さん。隈さんは、2020年東京オリンピックで使用する新国立競技場の設計に携わっている。

 デザインのコンセプトは「和」で、屋根は折り紙をモチーフとする。障子を連想させる膜や木を使い、光と木を感じる空間をイメージ。駅舎の東西面には大きなガラス面を設け、コンコースに吹き抜けを用意する。駅の改札内には300平方メートルのイベントスペースを設置する予定だ。

 品川新駅周辺は新たな国際都市としてその発展が期待されている。世界中から企業や人が集まることで、新たなビジネスや文化が生まれるまちづくりを進め、駅と街が一体感を感じる空間を目指すという。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月7日(水)18時31分

みんなの経済新聞ネットワーク