ここから本文です

【セントウルS】ビッグアーサー 力強いフットワークで好時計「どんな競馬でもできるのが強み」

東スポWeb 9月7日(水)20時44分配信

【セントウルS(日曜=11日、阪神芝内1200メートル=1着馬にスプリンターズS優先出走権)注目馬7日最終追い切り:栗東】ビッグアーサーは春秋スプリントGI制覇に向けて、春の電撃王がここから始動。午前8時40分、他馬のいなくなった時間を見計らって坂路単走で追い切られた。

 幾分余裕の残る体つきながら、力強いフットワークで4ハロン51・9―12・2秒の好時計をマーク。前哨戦としては十分な仕上がりで、好発進を決めてくれそうだ。

 福永騎手「前走(高松宮記念レコードV)は特殊な馬場だったので、時計を素直に比較するのはどうかと思うが…。乗りやすい馬で、どんな競馬でもできるのが強み。前回も重賞未勝利の身でのGI挑戦だったけど、能力は遜色ないと思っていた。基本的に大崩れするタイプじゃないし、58キロは心配していない。開幕週の馬場も大丈夫」

最終更新:9月7日(水)20時44分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]