ここから本文です

金沢・東山にクラフトビール&ナポリピザの店 併設工房で自家製ビール醸造も /石川

みんなの経済新聞ネットワーク 9月7日(水)18時35分配信

 金沢・ひがし茶屋街の近くに8月27日、クラフトビールとナポリピザの店「オリエンタルブルーイング」(金沢市東山、TEL 076-255-6378)がオープンした。(金沢経済新聞)

【パノラマVR】ひがし茶屋街近くにオープンした「オリエンタルブルーイング」

 社長の田中誠さんは小松市出身。東京の大学を卒業し、経営コンサルタントとして働いた後、結婚を機に退職、帰郷し、妻とともに世界一周の旅に出た。もともとビール好きだったが、スウェーデンやチリでクラフトビールの工房に住み込んで醸造を学び、その奥深さに魅了され、自分でも造ってみたいと起業したという。

 建物は、老舗氷店・クラモト氷業(東山)の店舗だった町家を改装。工房を併設したブルーパブ形式で、店舗にはカウンター8席、テーブル席12席を設ける。工房は今秋完成し、3~4種類のビールを造り、うち1種類はクラモト氷業の氷を原料に使う計画だという。

 ビールは、富士桜高原麦酒(ビール)「ヴァイツェン」(山梨県)、ヤッホーブルーイング「インドの青鬼」(長野県)、ビアへるん「縁結麦酒」(島根県)、金澤ブルワリー「ペールエール」(石川県)(以上700円)など、苦みが利いたものからフルーティで飲みやすいものまでそろえる。

 メインメニューは500度、70秒で焼き上げるナポリピザで、「マルゲリータ」(900円)などの定番に加えて、「大野醤油の照り焼きチキン」、高木糀(こうじ)店(東山)の塩糀を使った「九条ねぎと塩糀の豚バラ」(以上1,200円)など地元の食材を取り入れたピザも用意する(価格は全て税別)。

 田中さんは「クラフトビールはそれぞれ個性があり、好みや料理に合わせて選んで飲み比べるのが面白い。一杯からでも気軽に楽しんでもらいたい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~19時(金曜・土曜は22時まで)。月曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月7日(水)18時35分

みんなの経済新聞ネットワーク