ここから本文です

トヨタ 86 に日産 GT-R のエンジン移植…最大出力1000馬力

レスポンス 9月7日(水)20時30分配信

日本だけでなく、世界中でチューニングのベースとして人気のトヨタのFRスポーツカー、『86』。世界の86ファンも驚くチューニングプロジェクトが、今度はオーストラリアで発表された。

画像:トヨタ 86 に日産 GT-R のエンジン移植

これは、オーストラリアのStreetFX Motorsportが明らかにしたもの。トヨタ86に、日産『GT-R』のエンジンを移植するプロジェクトが進められている。

86に移植されるのは、日産GT-Rの「VR38DETT」型3.8リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジン。ノーマル状態ではなく、HKSの手によって、フルチューンが施されたハイパワーユニットになる。

排気量は、3.8リットルから4.1リットルに拡大するなど、さまざまなチューニングを実施。その結果、最大出力は1000psを発生する。このエンジンが、86の2.0リットル水平対向4気筒ユニットの代わりに、エンジンルームに押し込まれた。

現在、プロジェクトは、最終的な完成を目指して進行中。86とGT-Rのエンジンの組み合わせが、どのようなパフォーマンスを引き出すのか、期待が高まる。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9月7日(水)20時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。