ここから本文です

【セントウルS】スノードラゴン 4馬身追走から併入「57キロで競馬ができるのは魅力」

東スポWeb 9月7日(水)20時44分配信

【セントウルS(日曜=11日、阪神芝内1200メートル=1着馬にスプリンターズS優先出走権)注目馬7日最終追い切り:美浦】スノードラゴンは坂路で同厩ホワイトフーガ(古馬オープン)を4馬身追走。ラスト1ハロンで内から並びかけると、一杯に追われる相手を尻目に楽々併入(4ハロン52・7―12・3秒)。一昨年の最優秀短距離馬の貫禄をまざまざと見せつけた。陣営は鞍上にダービージョッキー・川田を迎えて、久々に一発を狙う腹積もりだ。

 高木調教師「坂路とプールを併用しながら太め感なく仕上がりました。復帰後は勝ち切れていないけど、この馬なりにタイムは詰めているし、57キロで競馬ができるのは魅力。少しでも時計のかかる決着になれば」

最終更新:9月7日(水)20時44分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]