ここから本文です

視覚障害者にも「危険と感じる駅」…JR飯田橋駅は移設・改良工事がすすむ

レスポンス 9月7日(水)22時0分配信

日本盲人会連合が行った視覚障害者対象アンケートで、「危険と感じる駅」にJR飯田橋駅を上げる人が多いとわかった。厳しい曲線と勾配の上にある同駅ホームは、電車とのすき間も床の高さの差も大きい。こうした課題を解消すべく、ホームを新宿寄りの直線区間に移す工事が行われている。

[関連写真]

JRが飯田橋駅改良工事に着手すると発表したのは2014年夏。ホームが曲線半径 R=300m の急曲線区間上にあり、列車とホームとのすき間が大きいことから、既存ホームの西200m付近の直線区間に移し、すき間を抜本的に解消。あわせて西口駅舎を建て替えるという内容だった。

現在のホームは、急カーブに加え、勾配もある。この付近の線路は、早稲田通りの下をくぐるように谷間ができ、その東側の坂道の途中にホームがある。中野方面電車の先頭車両付近は、33パーミルの傾斜の途中にある。

JRは今夏、神楽坂へと続く早稲田通りに面した三角屋根の西口駅舎を閉鎖し、日本歯科大学附属病院付近につながる「西口仮駅舎」を稼働させた。この関係で、西口仮駅舎の直下にある引込み線の線路も消滅。飯田町駅(貨物駅)の名残のひとつが仮駅舎や重機の“足場”になった。

青山一丁目駅転落事故を受け、事故現場の調査などを行っている日盲連は、「駅ホームのみならず鉄道駅全体の安全が確保できる対策を行うこと」「駅ホームでの歩きスマホを禁止すること」「視覚障害者の安全な移動について国民全体の理解を高めること」などを求めた声明を発信している。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:9月7日(水)22時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]