ここから本文です

台湾同人界で人気を誇る新星の新連載がヒバナで、ドラマ「ふたがしら」特集も

コミックナタリー 9/7(水) 17:07配信

「京まふ漫画賞2015」にて大賞を受賞した、ANTENNA牛魚による新連載「Blue Rose Age」が、本日9月7日発売のヒバナ10月号(小学館)にて始動した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

台湾の同人誌界にて人気を誇る、ANTENNA牛魚が描く「Blue Rose Age」は、軍の男・要(かなめ)が、とある研究が行われている教会にやってきたところから始まる。研究の被験体である少女は、瀕死状態に陥ると周辺の植物が枯れ、彼女自身の傷が癒やされるという力を持っていた。2人の男と1人の少女による、運命と決断の物語だ。脚本協力はL-YLが、翻訳協力は呉塵カン(カンは四の下に正)が務めている。

そのほか今号には、オノ・ナツメ原作による「連続ドラマW ふたがしら2」の特集を展開。各キャラクターの紹介や、松山ケンイチ、早乙女太一、成宮寛貴、大森南朋によるインタビューのほか、入江悠監督、脚本の中島かずきのコメントも掲載している。ドラマは9月17日より、毎週土曜22時からWOWOWプライムにて全5話でオンエア。

最終更新:9/7(水) 17:07

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]