ここから本文です

墜落したドローンを救おうとオーストラリア人が冬の海へダイブ むしろ警察に救助される

ねとらぼ 9月7日(水)14時39分配信

 9月6日未明、オーストラリアのセントキルダ桟橋にて、学生グループが撮影に用いていたドローンが海へ墜落。1人が引き揚げるために飛び込むも回収に失敗し、地元警察によって救出されました。ビクトリア州警察が発表しています。

【引き揚げられた沈没ドローン】

 学生は桟橋の上から海を探るも無為に終わり、やむなく飛び込んだもよう。それでもドローンを拾い上げることはできず、下着一枚で冷たい海に30分ほど浸かっていたため、けいれん状態となって病院へ搬送されました。

 この一件は地元メディア「9NEWS」もTwitterで報じています。州警察の発表では、ドローンは水没したままとされていますが、取材班により引き揚げられ、中身のメモリーカードも無事のようです。

最終更新:9月7日(水)14時39分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]