ここから本文です

防弾少年団が「AERA」表紙で蜷川実花ワールドに染まる

音楽ナタリー 9月7日(水)17時47分配信

9月12日発売の雑誌「AERA」の表紙に防弾少年団が登場することがわかった。

撮影は今年4月から「AERA」の表紙写真を担当している蜷川実花。メンバーの背景を華やかな花の大壁面が飾る。

【この記事の関連画像をもっと見る】

さらに誌面では、メンバー全員登場のインタビューも掲載。こちらのページにも蜷川が撮影した写真が使用される。インタビューのテーマは「防弾少年団が語る『ありのままが生む共感』」。恋愛、結婚、出産を諦めた“三放(サムボ)世代”と呼ばれる韓国の若者世代と防弾少年団の関係、メンバーたちの情熱はどこから生まれるのか、といった切り口で迫る。

最終更新:9月7日(水)17時47分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。