ここから本文です

イラク、2017年の原油生産・輸出は安定的に増加へ=高官

ロイター 9月7日(水)19時17分配信

[シンガポール 7日 ロイター] - イラクの石油担当高官は7日、イラクの原油生産・輸出は来年、現行水準から安定的なペースで増加するとの見通しを明らかにした。増産凍結については、市場の安定化に寄与するのであれば支持する、と語った。

イラクの石油輸出国機構(OPEC)理事で、イラク国営石油販売公社(SOMO)総裁のアラムリ氏がシンガポールで、アジア太平洋石油会議(APPEC)の合間に、ロイターとのインタビューに応じた。

アラムリ氏は「生産と輸出は来年、安定的に増加するだろう」としたが、「どの程度増加するのかについては明確ではない」と付け加えた。

8月は日量463万8000バレル生産。1月以来の最高だった。

増産凍結について、アラムリ氏は「われわれの政府は凍結を支持している。我が国には増産の余地があるが、凍結が一定の期間に限定され、市場を安定させるのであれば、われわれは凍結を望む」と述べた。

最終更新:9月7日(水)19時17分

ロイター