ここから本文です

韓国当局 総務省との交流会議再開=5年ぶり

聯合ニュース 9/7(水) 19:06配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の行政自治部は7日、日本の総務省との「内政関係者セミナー」を東京で開催し、少子高齢化問題の解決に向けて協力することで合意したと伝えた。

 地方行政の発展や交流・協力の拡大などを目的とする同セミナーは、5年ぶりに開かれた。1991年に始まり、毎年持ち回りで開催されてきたが、2012年の李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)の独島訪問などの影響で11年を最後に中断していた。

 セミナーに出席した行政自治部の? 聖烈(キム・ソンリョル)次官は6日に高市早苗総務相と面会し、少子高齢化問題などについて議論したほか、両国の地方行政の懸案を持続的に議論し、交流・協力を深めていくことで一致したという。

 韓日は同セミナーを定例化することでも合意した。

最終更新:9/7(水) 19:34

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。