ここから本文です

独VW、安徽江淮との合弁で仮調印 電気自動車に焦点

ロイター 9月7日(水)19時22分配信

[北京 7日 ロイター] - ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>は、中国の安徽江淮汽車(JACモーター)<600418.SS>との間で、電気自動車の合弁事業立ち上げで仮調印した。両社が発表した。

JACモーターの証券取引所への提出書面によると、現在実現の可能性を検討しているところで、5カ月以内の正式調印を目指す。

中国は昨年、政府のさまざまな支援措置により、米国を抜いて世界最大の電気自動車生産国となった。

VWの声明は、協業の主要目標は「排出ガスゼロのモビリティ」の開発としている。広報担当者によると、ハイブリッドよりも純粋な電気自動車に焦点を合わせる公算が大きい。

JACモーターによると、投資規模や合弁のビジネスモデルはまだ最終決定していない。

今回調印した覚書に法的拘束力はなく、最終合意は承認や諸手続次第だという。

最終更新:9月7日(水)19時22分

ロイター