ここから本文です

「セントウルS」&「京成杯AH」東西記者徹底討論

東スポWeb 9月7日(水)21時54分配信

【セントウルS(日曜=11日、阪神芝内1200メートル=1着馬にスプリンターズS優先出走権)&京成杯オータムハンデ(日曜=11日、中山芝外1600メートル)東西記者徹底討論】休養明けの実績馬か、夏稼働馬か。GIIセントウルSの最大の焦点に切り込んだ「独創」荒井と「馼王」西谷。春の高松宮記念の覇者ビッグアーサーを対抗にとどめ、夏稼働馬狙いで意見の一致をみたものの、本命は先行馬と差し馬に見事に分かれた。

 荒井敏彦(東スポ):ハァ~、今年の夏もいろいろあったな。

 西谷哲生(大スポ):リオとかSMAPとかじゃなくて個人的なことですよね。そのため息からして。

 荒井:もっと勉強しないとダメだぞ。

 西谷:先輩こそ競馬のほうは特にお願いします。

 荒井:絵巨ちゃん。これ読めるか?

 西谷:エキョとしか…。

 荒井:エミちゃんだ。南5西4のソフト…。

 西谷:夏はもう終わったから!“探券隊”も解散したし。

 荒井:それと樹神ちゃん。コダマって読むんだけど、橋本環奈似なのに、樹木希林の「キ」って説明されたときは一気に酔いがさめちゃって…。

 西谷:名残惜しいのはもう分かったんでしらふに戻ってください。開催替わって阪神のセントウルSはサマースプリントシリーズ最終戦とスプリンターズSの前哨戦って2つの側面があるから難解ですよ。

 荒井:春秋制覇を狙う高松宮記念馬ビッグアーサーの名前もあるしな。一気にGIモードだけど、実績馬と夏稼働馬…どちらをチョイスすればいいのかね。

 西谷:過去の結果を見直せば、圧倒的に後者ですよ。龍王ことロードカナロアでさえ、このレースは2年続けて2着に負けているんですから。

 荒井:実績馬の負けパターンは高速決着になって追い上げ届かず。ここは◎ネロの先行押し切りを狙う手だろ。

 西谷:絶対スピードは間違いないけど、直線競馬を2回走った後なのが…。

 荒井:ダッシュ力がついて願ったりだろ。アイビスSD(2着)でマッチレースを演じたベルカントが仮にここに出ていれば、ビッグアーサーと人気を二分したはず。直線平坦がベストでも、開幕週の馬場と実績馬にとっては前哨戦という微妙な立ち位置が、この馬に大きく味方する。あとはどこまで思い切ったレースができるかだな。

 西谷:ボクは逆襲のエイシンブルズアイ◎です。CBC賞(9着)は前残りの馬場を考慮して出していったのが裏目。やはりしまい勝負に徹してこそです。超がつく高速馬場だった高松宮記念でも5着に押し上げた脚力をもってすれば、開幕週の馬場も大丈夫。この中間はビシビシ攻めて思惑通りの調整ができてますし、前走で負けた分はここで返してもらいます。

 荒井:ビッグアーサーはデビュー時、オレの担当厩舎だったんだよな。馬体の迫力にホレ込んでいた馬が、のちにGIを勝ってくれて…。ここを圧勝しても驚かないし、2着に敗れてもロードカナロアと同じってことで、スプリンターズSに向けてはいい臨戦過程になる。

 西谷:高松宮記念は明らかに内枠&先行有利の馬場でしたが、確かに評価を大きくは落とせませんよね。

 荒井:あとはちょっと開きがある感じだからな。

 西谷:待ってくださいよ。アットウィルがバーデンバーデンC(4着)で差のない競馬をした上位3頭は北九州記念で3→4→1着といずれも結果を出しています。アイビスSD(4着)は直線競馬の適性の差が出ただけですし、地力アップは間違いありません。この馬も接戦になれば出番がありますって。

 荒井:ウリウリは藤原英厩舎の調整パターンからすれば、GIを見越した余裕残しの仕上げ。昨年は2着に好走しているから、ノーマークにはできないけどな。

 西谷:ダンスディレクターは休み明けは苦にしないタイプですが、1週前の笹田調教師の話では「もう一歩」だとか。今週でどこまで変われるかですね。

 荒井:スノードラゴンのCBC賞は58・5キロを背負い小差6着と貫禄は示したが、あれ以上の末脚となるとな。馬券は買いづらいよ。

 西谷:中山の京成杯AHはサマーマイルシリーズVが狙えるピークトラムに注目しています。中京記念(2着)は差し馬がバンバン来る中、唯一の粘り込み。ペースが上がらないメンバー構成だし、1分33秒台の決着なら残れますよ。

 荒井:カフェブリリアントはとにかく道中の折り合いだけ。ヴィクトリアマイル(15着)のような競馬では厳しいが、前に壁さえつくれれば、復帰戦から快走があるぞ。

最終更新:9月7日(水)22時45分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。