ここから本文です

おかずクラブ、美人の女神役で声優チャレンジ!「声だけは美人」と自信

Movie Walker 9/7(水) 15:16配信

アドベンチャー映画『キング・オブ・エジプト』(9月9日公開)のMX4D体験&アフレコイベントが9月7日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、日本語吹替版の声優を務める永野芽郁、おかずクラブ(オカリナ、ゆいP)が出席。女神役に挑戦したおかずクラブのふたりが、「私たち、声だけはキレイだねと言われる」と自信をのぞかせた。

【写真を見る】永野芽郁とおかずクラブがMX4Dを体験。揺れる!濡れる!体験型映画鑑賞に大はしゃぎ

本作は、古代エジプトを舞台に、恋人を奪われた人間の青年が、神々の王座を巡る争いに巻き込まれていく姿を描くアドベンチャー・ムービー。永野はヒロイン・ザヤ役を。おかずクラブは、巨大コブラを操る双子の美女役の声を務めた。

エジプトの女神をイメージした、ゴールドの輝くドレス姿で登場したおかずクラブ。永野が「すごくキラキラしていてかっこいい。私には着こなせない!」と惚れ惚れすると、オカリナは「女神の役なので。ゴージャス、高貴といったすべてを兼ね備えた衣装がこれです」とにっこり。ゆいPも「私たちは、現代のクレオパトラといっても過言ではない」と胸を張り、会場の笑いを誘っていた。

美女役を演じることに、オカリナが「ピッタリの役が来た」と大満足の表情を見せると、ゆいPも「ナチュラルに演じられた」と自信満々。「声だけは美人」と言われることも多いそうで、ゆいPは「ラジオとかやらせてもらうと、武器をはぎとられちゃったようで。ただ良い声の女の人たちが出ている感じになってしまう。それが怖い」と話していた。

またこの日は、MX4Dでの映画鑑賞も体験。MX4Dは、映画のシーンに合わせて動く可動式シート、吹き付けられる風や水しぶきなどあらゆる演出効果とともに映画の臨場感を味わえる体験型上映システム。3人とも声を上げたり、怖がったり、爆笑したりと、MX4Dを大いに満喫した。

永野は「すっごい楽しかった!」と瞳を輝かせ、「遊園地に行くよりも、近くて行くことができるからいいな」とコメント。ゆいPは「『デッドプール』を4Dで観てからどハマりしちゃって。4Dに乗りたいから、映画を探すこともある。今一番乗りたい乗り物」というほどMX4Dが大好きだとか。オカリナは「ウォータープルーフのメイクをオススメします!」と出る水の量に驚いていた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:9/7(水) 15:16

Movie Walker