ここから本文です

【公演レポ】「ZE:A」、「Nine Muses」、「IMFACT」音楽の化学反応で魅せたファミリーコンサート開催

WoW!Korea 9月7日(水)20時26分配信

韓国芸能事務所のスター帝国に所属するアーティストが出演する「KBS World開局10周年記念 スター帝国ファミリーコンサート2016」が9月2日(金)、東京・Zepp Tokyoで開催された。日本で初めての開催となったファミリーコンサートは昼・夜の全2回公演、一日限りのイベント。今回は夜の公演の様子をお届けする。

【画像】「KBS World開局10周年記念 スター帝国ファミリーコンサート2016」開催

 会場が暗転すると、「ZE:A」のリーダーで、EDM DJ「ZE:After」としても活躍するジュンヨンが登場。クールな手さばきで生み出す爆音のEDMサウンドと多彩なレーザー光線のライティング演出で会場を一瞬にしてクラブに仕上げた。手拍子やジャンプをするように促しながら観客を巻き込み、次々に曲をリレーしていきながら、トップバッターの「IMFACT」に繋いでいく。

 白のオーバーサイズシャツに黒のスキニーパンツの衣装で登場した男性5人組グループ「IMFACT」。ことし1月にデビューしたばかりの彼らは、デビュー曲「Lollipop」から元気にスタート。曲名と同様のカラフルな映像を背にしながらパワフルに動き回る5人。

 立て続けに「Shine」、「Trouble Make」を歌い終えると、「皆さんこんばんは、『IMFACT』です。スター帝国のファミリーコンサートでこうして皆さんに会えることができて光栄です」とリーダーのジアンがあいさつ。「続いては、僕たちがそれぞれ個人技を披露します」と明かし、ジアンはラップ、テホはクールなダンスパフォーマンス、元トランポリン代表選手という過去があるジェオプはアクロバティック技術、イサンとウンジェはラップと歌で、新人とは思えない貫禄と各メンバーの持つレベルの高さを証明した。最後は「BIGBANG」の「IF YOU」のカバーと「IMFACT」の新曲を初披露。サビ部分の掛け声をレクチャーし、会場全体で大合唱となった。

 ホットパンツにへそだしルックで華麗に登場した「Nine Muses A」は「Lip 2 Lip」の可愛さとセクシーさが混じったダンスパフォーマンスでファンの視線を捉えると、「皆さんこんばんは。私はリーダーのヘミです。ファミリーコンサートでこうして皆さんに会えてとてもうれしいです。私たちのことを初めて見るかたもいらっしゃると思いますが、一緒に盛り上がってください」、「皆さんこんばんは。私は「Nine Muses A」のセンター、可愛くてセクシーなギョンリです。今日はいろいろなステージを準備したので一緒に楽しんでください」、「ソジンです。とても緊張していますが最後まで頑張ります」、「メインボーカルのクムジョです。たくさんの方たちが来て下さって感激しています」とそれぞれあいさつ。「Nine Muses」の楽曲「Drama」、「TICKET」、「Dolls」を歌いながら、しなやかさ、キュートさ、艶やかさを表現した。

 スペシャルステージでは、「ZE:A」ケビン、「Nine Muses A」のギョンリとソジンからなる混合ユニット「NASTY NASTY」による「KNOCK」や、「Nine Muses A」 クムジョ×「IMFACT」ジアンのデュエット、「Nine Muses A」ヘミ×「IMFACT」イサンによるギターの弾き語りなど、特別なステージが用意された。

 「JUST TONIGHT」、「ルーレット」、「Eyes On You」で大人のセクシーさを体現したのは「ZE:A J」。ホワイトジャケットにブラックパンツのシンプルコーディネートで登場したケビン、ヒチョル、ドンジュンは観客に向かって「今日のステージは皆さんがENJOYするためのものです。盛り上がっていきましょう~! 」と呼びかけた。

 2度目のスペシャルステージでは、「ZE:A」のドンジュンと、「IMFACT」のテホとジェオプが「3代目J Soul Brothers」の「花火」を披露。原曲とは違ったパフォーマンスで会場を包んだ。

 「ZE:After」のジュンヨンは、ドンジュンと共に「For My Lady」や「Too Late」を披露。DJとしてイベントのインターバルを埋めてきたジュンヨンは「やっと歌えました~」とにっこり笑顔。「ジュンヨンさんが歌って、みなさんうれしいですか? 」とドンジュンが投げかけ、観客が応えると、ジュンヨンからはさらに満面の笑みがこぼれた。

 「ZE:A」のヒョンシクは「Buzz」の「My Love」とパク・ヒョシンの「I Promise you」の2曲をカバー。ドラマ「花郎(ファラン):ザ・ビギニング」の撮影中で歌の練習不足だと言いながらも、堂々としたステージングで観客を魅了した。

 クライマックスのステージでは「ZE:A」と「IMFACT」の合体ステージ。「The Ghost of Wind」や「後遺症」を総勢10人で歌い踊ると、会場から大声援が沸き起こり、この日一番の盛り上がりを見せた。フィナーレは出演者全員がお揃いのイベントTシャツを着て登場。サインボールを投げたり、ファンと握手するなどの交流をして熱気溢れる時間を過ごした。

最終更新:9月7日(水)20時26分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。