ここから本文です

食べログの点数、ネット予約利用の有無とは「無関係」 “炎上”受けカカクコム発表

ITmedia ニュース 9月7日(水)16時10分配信

 カカクコムは9月7日、飲食店レビューサイト「食べログ」で、店舗を5点満点で総合評価する「点数」の計算について、「ネット予約機能の利用是非に一切関係ない」と発表した。

【食べログの点数はどうやって決まる?】

 食べログの点数をめぐっては、掲載店舗の関係者が「突然3.0点にリセットされた」とTwitterで告白。「ネット予約など有料機能を断った店舗の点数を下げているのでは」とネットで批判が集まり、炎上状態になっていた。

 あるチェーン店の関係者が6日、「全店の食べログスコアがいきなり3.0にリセット。そこに担当営業から連絡が来て、『ネット予約を使ってもらわないと検索の優先順位を落とす』と言われた」などとツイート。別の店の関係者を名乗るネットユーザーも7日、「契約更新で一部の機能を断ったら点数が3.0にリセットされた」とTwitterに書き込んでいた。

 カカクコムは7日の発表で、点数について「これまでと同様、ユーザーの評価を基礎に算出、表示をしている」と説明。「自然検索で表示される点数とランキングは、ネット予約機能の利用是非に一切関係ない」とした。

 また同社は、ネット予約が可能な店について、検索結果の広告枠で優先表示する仕組みを10月から導入することも発表した。現在はエリア限定で店舗に案内しているが、順次、全国展開するという。

 ITmedia ニュース編集部は、店舗の点数が突然3.0に下がった場合、どういった理由が考えられるか――などをカカクコムに問い合わせているが、7日午後3時半時点で回答は得られていない。

 炎上を受け、7日の株式市場でカカクコム株が急落。一時、前日比10%安の1555円まで下げ、年初来安値を更新した。

 食べログでは2012年、業者が口コミ投稿を請け負う「ステマ」行為が明るみに。カカクコムは対策として、飲食店の評価ポイントを算出するアルゴリズムの変更や、レビュアー認証システムの導入を行っている。

最終更新:9月7日(水)18時32分

ITmedia ニュース