ここから本文です

日本ハム・近藤が同点打「翔平が久々の登板だったので」

デイリースポーツ 9/7(水) 19:08配信

 「日本ハム-ロッテ」(7日、札幌ドーム)

 日本ハム・近藤健介捕手が、先発登板した大谷を援護する同点適時打を放った。

 「3番・指名打者」でスタメン出場。大谷が初回に先制点を奪われたが、その裏の攻撃で、1死三塁から、ロッテ先発・スタンリッジの内角直球を捉え、左中間フェンス直撃の適時二塁打とした。

 打線には大谷がいないが、その穴を補う活躍。「逆方向でも打球は伸びてくれましたね。翔平が久々の登板だったので、野手みんなでなんとかしようという話をしていました。早い段階で追いつき追い越す、その通りの展開になってよかったです」とコメントした。

 続く中田が中越え適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功した。

最終更新:9/7(水) 19:15

デイリースポーツ