ここから本文です

小林麻央 2年前に初めて人間ドック 海老蔵とデート気分で過ごした

デイリースポーツ 9月7日(水)19時17分配信

 闘病中のフリーアナウンサー小林麻央が7日、ブログを更新し、初めて人間ドックを受けた当時を振り返った。夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵とデート気分だったという。

【写真】小林麻耶&麻央姉妹の2ショット

 麻央はタイトルを「始まりの人間ドック」とし、2014年2月に「初めて主人と人間ドックを受けました」と書き出した。一番の目的は海老蔵のための検査だったそうで、麻央は31歳だったことから「付き添い」のようなつもりだったという。

 長男が生まれて間もなく、「息子と3時間以上離れることがなかったので、長時間の人間ドックを久しぶりのデート気分で楽しんでさえいました」と海老蔵との時間を大切に過ごしたことを明かした。

 そのころ、子宮頸(けい)がんの検査は受けていたが「その他の検査は育児の忙しさから、受けようという気持ちも忘れていました」と振り返った。

最終更新:9月7日(水)22時9分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。