ここから本文です

その名も「タイプ:ヌル」 新ポケモンの斬新な名称が話題に、「アルセウスを模した?」など早くも考察の声も

ねとらぼ 9月7日(水)16時40分配信

 11月18日発売予定の「ポケットモンスター サン・ムーン」に登場する新しいポケモンとして「タイプ:ヌル」が発表されました。新しいタイプ「ヌル」が登場したわけではなく、「タイプ:ヌル」が新ポケモンの正式名称です。

【説明文も斬新な内容】

 ポケモンの名前に「:(コロン)」や「タイプ」が使用されるのは初めて。なお、「ヌル」は“何もない”という意味ですが、ゲーム上のタイプは「ヌル」でも「何もない」でもなく「ノーマル」となっています。ややこしい。

 高さ1.9メートル、重さは120.5キロで分類は「じんこうポケモン」。ある目的を果たすため「神話に語り継がれるポケモンの力を目指して造られた」として人工的に造られたポケモン。特徴の1つである仮面は「秘めたる力を制御するための装置」とのことです。

 「タイプ:ヌル」という今までなかった名称について、ネットでは「新しいタイプかと思ったら名前か」「海外のサイトでエラー出そう」といった名前に関するツッコミもあがっている他、「人造のアルセウス(ポケモン ダイヤモンド・パールに登場する伝説ポケモン)を模したポケモンか」「初代ポケモンのバグで登場した“けつばん”を参考にしたのでは」など、早くも設定を考察する人もいるようです。

最終更新:9月7日(水)16時40分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]