ここから本文です

アワーズにアワーズGH、ヤングコミックの最新号を無料で!画報社のマンガアプリ

コミックナタリー 9月7日(水)19時10分配信

少年画報社によるマンガアプリ「マンガ少年画報社」が、iOS・Android向けにリリースされた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「マンガ少年画報社」ではヤングキングアワーズ、アワーズGH、ヤングコミック(すべて少年画報社)の最新号を、雑誌発売から2週間後に無料で公開。バックナンバーも配信されている。

このほかアプリ内では平野耕太「ドリフターズ」やArk Performance「蒼き鋼のアルペジオ」、Boichi「サンケンロック」、水上悟志「惑星のさみだれ」をはじめとした少年画報社作品を配信。それぞれ冒頭のエピソードが無料で公開されており、外部サイトへの登録や広告の閲覧などで手に入るチケットを使用することで、続きを読むことが可能だ。このほか海賊版対策として、様々な言語に翻訳された同社のタイトルも掲載されている。

最終更新:9月7日(水)19時10分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。