ここから本文です

鹿島・金崎の“追放”解除「活躍次第では呼ぶ」と日本協会幹部

スポーツ報知 9月7日(水)6時6分配信

◆ロシアW杯アジア最終予選 ▽B組第2戦 日本2―0タイ(6日、バンコク・ラジャマンガラ・スタジアム)

 所属するJ1鹿島で監督に反抗的な態度を取り日本代表から漏れたFW金崎夢生(27)の“追放”が解除されることが6日、分かった。日本協会幹部が「今後ずっと呼ばないわけではない。活躍次第では呼ぶ」と明言。鹿島で結果を残せば、10月のロシアW杯アジア最終予選(6日・イラク戦、11日・オーストラリア戦)で代表復帰する可能性も出てきた。

 金崎は8月20日の湘南戦(カシマ)で先発出場したが、後半25分に交代させられて激怒。ベンチに引き揚げる際には石井正忠監督(49)に詰め寄るなど反抗的な態度を取った。ハリルホジッチ監督は8月25日にUAE戦(9月1日)とタイ戦(同6日)の代表メンバー発表を行った際「あのような態度をとってはいけない」と、当初のリストに入っていたにもかかわらず外したことを明かしていた。金崎は現在、反省して練習に励んでおり、今後は雪辱の機会が訪れそうだ。

最終更新:9月7日(水)6時6分

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報