ここから本文です

FLYING KIDS、名作シングル3作品を7inch化

音楽ナタリー 9月7日(水)19時23分配信

FLYING KIDSのシングル3作品が7inchアナログで10月12日にリリースされる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

彼らは4月に開催された「RECORD STORE DAY 2016」にて、1stシングル「幸せであるように」を7inchアナログで発売。今回は「我想うゆえに我あり」「君とサザンとポートレート」「風の吹き抜ける場所へ」の3タイトルをアナログ7inchでリリースする。「我想うゆえに我あり」は1990年に2ndシングルとして発表した作品。アナログ盤のB面では、2ndアルバム「新しき魂の光と道」に収録されたアルバムバージョンの「毎日の日々」を聴くことができる。「君とサザンとポートレート」は1992年発売の6thアルバム「レモネード」からの先行シングルで、B面にはファンクロックナンバー「TWO HEARTBEATS」が収められる。「風の吹き抜ける場所へ」は1994年に10thシングルとしてリリースされたFLYING KIDSの代表作。B面にはアコースティックナンバー「大人」が収録される。

FLYING KIDS「我想うゆえに我あり」収録曲
SIDE A
01. 我想うゆえに我あり

SIDE B
01. 毎日の日々

FLYING KIDS「君とサザンとポートレート」収録曲
SIDE A
01. 君とサザンとポートレート

SIDE B
01. TWO HEARTBEATS

FLYING KIDS「風の吹き抜ける場所へ」収録曲
SIDE A
01. 風の吹き抜ける場所へ

SIDE B
01. 大人

最終更新:9月7日(水)19時23分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。