ここから本文です

宮根の執拗イジリに丸岡いずみ逆襲「黒歴史」「結婚式司会ギャラ取られた」

デイリースポーツ 9/7(水) 20:22配信

 フリーアナウンサーの宮根誠司(53)が、7日放送の日本テレビ系「1周回って知らない話SP」(午後7・00)に出演した。

 番組では宮根が「嫌いなアナウンサーランキング」1位であることが話題となり、かつて同局系「情報ライブ ミヤネ屋」で宮根にイジリまくられたキャスターの丸岡いずみ(45)が証言VTRに登場し、報復に転じた。

 丸岡は「一言でいうと、すごい面倒くさい人」「いつもニュースに関係ないことばっかり聞いてきて、ずかずかとプライベートに踏み込んでくる」「記憶から消し去ろうとしている。なんか黒歴史」と言いたい放題。

 12年の有村昆との結婚式で、宮根が司会を務めたことにも「あれも、公共電波で、自分でやると言い出した。ギャラ取ったんですよ、信じられない」と暴露して笑わせた。

 スタジオの宮根はタジタジになりながらも「(結婚式の司会を)タダで行ったら気使うでしょ。4時間半も結婚式しやがったんですよ」と反撃していた。

 一方、同じく「-ミヤネ屋」で執ようにイジられている天気予報士の蓬莱大介氏(34)は証言VTRで「オンエアが終わったら、ものすごい低姿勢」と宮根を擁護。かつて自身の夫人が高齢出産した際には「難しい出産」だったため、宮根が一緒に病院を探してくれたことを明かし「あの人が、いい人みたいになるから言ってなかったんですけど、本当に感謝してます。命の恩人ですから」と語っていた。

最終更新:9/7(水) 20:29

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]