ここから本文です

巨人・阿部、4打席で4安打2打点の大暴れ “メッセキラー”本領発揮

デイリースポーツ 9月7日(水)20時27分配信

 「阪神-巨人」(7日、甲子園球場)

 巨人・阿部慎之助捕手(37)が「4番・一塁」で先発し、一回に先制適時打を放った。2打席目、3打席目も安打を放ち今季4度目の猛打賞も記録した。さらに、七回の4打席目にも安打。ここまで4の4、2打点と活躍している。

 一回2死二塁。メッセンジャーが初球に投じたカーブを振り抜き、先制の右翼線適時二塁打。「変化球のイメージもあったので、初球からちゃんと対応できたんだと思います。まず先制点を取れたので良かったです」とコメントした。

 この日の2打席目、1-0の三回2死三塁では、中前適時打を放ち貴重な追加点。3打席目だった五回1死一塁では外角低めのフォークをうまく合わせ、左前打を放った。

 いずれも試合前まで今季8打数4安打と好相性のメッセンジャーから放った安打で、この日も“メッセキラー”をさく裂させた。

 メッセンジャー降板後の第4打席にも高橋から、この日4本目となる安打を放った。

最終更新:9月7日(水)23時8分

デイリースポーツ