ここから本文です

ソフトバンク、接戦制し首位守る サファテ2年連続40セーブ

デイリースポーツ 9月7日(水)20時48分配信

 「ソフトバンク2-1オリックス」(7日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが接戦を制して連敗を2で止め、首位を守った。

 二回、鶴岡の中前適時打と、今宮の二ゴロ併殺打の間に2点を先制。これを投手陣が守り抜いた。

 先発の中田は7回1/3を8安打1失点で5勝目(3敗)を挙げた。八回途中から森福、岩崎とつなぎ、九回はサファテが無失点投球で40セーブ目を挙げた。40セーブは、41セーブを挙げた昨年に続いて2年連続。

 お立ち台に立った鶴岡は「緊迫したゲームが続きますけど、落ち着いてやろうと、心に決めてやっています。全部勝つつもりでやらないと優勝できない

思いますので、そのつもりでやっていきたい」と宣言した。中田は「自分の仕事が一つできてよかった」と振り返った。

 オリックスは打線が糸井の12号ソロによる1点に抑えられた。先発の山田は5回8安打2失点と粘ったが、打線の援護に恵まれず6敗目(1勝)を喫した。

最終更新:9月7日(水)21時4分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。