ここから本文です

ヤマハが“AI演奏システム”用いたコンサートを開催 今は亡きピアノの巨匠がよみがえる

ねとらぼ 9月7日(水)18時49分配信

 ヤマハが東京藝術大学奏楽堂で、「人工知能演奏システム」を用いたコンサートに技術協力を行いました。20世紀のピアノの巨匠、故スヴャトスラフ・リヒテルの往年の演奏を忠実に再現するだけでなく、人間の演奏に合わせて演奏を柔軟に変化させ息のあったアンサンブルとして披露しています。

【画像:よく分かるAI演奏システムの仕組み】

 コンサートの名前は、「音舞の調べ~超越する時間と空間~」(主催:東京藝術大学、東京藝術大学COI拠点)。世界的名演奏家集団であるベルリンフィル・シャルーンアンサンブルの演奏に合わせ、AIがピアノを演奏します。演奏を聴いた観客からは大きな拍手が沸き起こり、シャルーンアンサンブルのメンバーからは笑みがこぼれました。

 この「人工知能演奏システム」は、「ピアノの巨匠がよみがえり、現代の名演奏家と共演したとすれば、果たしてそれはどんな演奏になるのだろうか」という思いを現実のものにするため開発されました。人間の演奏を理解し、その演奏に合わせて自動演奏を行うことができます。

 実は、現在の自動演奏ピアノだけでも、ピアニストのタッチは忠実に再現できます。このAIは人間同士が合奏する上で自然に行う、「演奏者がそれぞれどう弾きたいかという意思の尊重」「聴き合ってタイミングをそろえる」「誰も弾いていないときにお互いを見て弾き始めるタイミングをそろえる」という3つの行為を模倣します。

 これらの実現のため、同システムではマイクとカメラを用いて共演者の演奏音や演奏時の動きを検出・分析。取り込んだ情報から、次の瞬間に行うべき演奏を逐次予測し、ピアノへリアルタイムに演奏の指示を出し人間とアンサンブルを奏でます。また、自らのピアノ演奏を表現する映像をリアルタイムに生成してプロジェクターで投影することで、共演者と協調を図る機能も備えています。

 最終的には、「一緒に演奏したい」と思った人といつでも、誰でも合奏できるシステムを目指しているとのこと。ヤマハの開発した「ボーカロイド」がボーカルなしでも音楽に歌を吹き込んだように、人工知能演奏システムは演奏家がいなくても音楽に命を吹き込んでくれるようになるかもしれません。

最終更新:9月7日(水)18時49分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]