ここから本文です

巨人・田口が自身初10勝も…広島も勝ってマジック2

デイリースポーツ 9月7日(水)21時28分配信

 「阪神2-3巨人」(7日、甲子園球場)

 2位・巨人の田口麗斗投手が7回1失点で自身初の2けた勝利となる10勝目(7敗)を挙げた。ただ、広島が勝利しているため、マジックは「2」に減少。8日に巨人が敗れ、広島が勝つと、広島の25年ぶりのリーグ優勝が決まる。

 田口は初回から連続四球で得点圏に走者を背負ってしまうなど、安定感には欠いたが、要所で締めて得点は許さず。五回に高山に浴びた適時打による1点のみで、リリーフ陣にマウンドを託した。

 プロ3年目で初の2けた白星に「ここ最近、あまり良くなかったと思うんですけど、今日は粘ることができましたし、野手の方が先に点を取ってくださったので、粘り強くという気持ちで投げることができました」と野手陣のフォローに感謝した。

 打線では阿部が5打数5安打、2打点と大暴れ。守っては田口が降板後、3-1で迎えた八回、2死二、三塁という一打同点のの場面で鳥谷の右中間への打球を中堅の長野がダイビングキャッチするなど、チーム一丸でもぎ取った勝利となった。

 ただ、広島の優勝は目前に迫っている。中日に勝ったためマジックは「2」に。巨人は8日は内海を先発に立てて、目の前の試合を戦う。

最終更新:9月7日(水)21時43分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報