ここから本文です

「カレチ」池田邦彦がトークイベント、40代でマンガ家転身の経緯も明かす

コミックナタリー 9月7日(水)20時47分配信

「カレチ」「シャーロッキアン!」の池田邦彦が、9月22日に東京・新宿のネイキッドロフトにて開催されるトークイベントに出演する。

40代でイラストレーターからマンガ家に転身し、第54回ちばてつや賞一般部門の大賞を受賞しデビューした池田。現在はモーニング、Dモーニング(ともに講談社)で「グランドステーション ~上野駅鉄道公安室日常~」を連載中だ。当日は池田がマンガ家になったきっかけや、作品にまつわるエピソードをトーク。またライブドローイングや、サイン本の抽選会も予定されている。

前売り券はローソンチケットにて発売中。ネイキッドロフトの応募フォームでも予約を受け付けている。

マンガワールド 其の43 【カレチ】 池田邦彦
日時:2016年9月22日(木・祝)12:00開場、13:00開演
会場:ネイキッドロフト
料金:前売り・予約2400円、当日2900円(別途飲食代)
出演:池田邦彦、IKKAN(司会)

最終更新:9月7日(水)20時47分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。