ここから本文です

鉛筆描きが一発で線画に! ラフスケッチを自動でクリンナップする超技術がWebサービスとして無料公開

ねとらぼ 9月7日(水)21時19分配信

 鉛筆描きのラフスケッチを自動で線画へクリンナップする技術が、早稲田大学の研究チームにより、無料のWebサービスとして一般公開されました。

【ラフ画を線画に変換した例】

 まず「参照」ボタンからラフの画像ファイルを指定。「簡略度」のスライダーで補正の度合いを決め、「線画化!」ボタンをクリックして待つと、線画に変換されて表示されます。できあがった線画は、右クリックメニューからPNG形式で保存可能。

 筆者も実際に、マスコットのITちゃん“らしきもの”を描いて試してみました。結果、補助線や紙のヨレ、線の消しカスレが除去されて、あいまいな線はくっきりとした実線に。一部、もともとあった線が消えたり、本来とは違う形になったりした箇所がありますが、これは補正の度合いや線のクセなどにも左右されるでしょう。問題の大部分は、筆者の画力のつたなさですが。

 現在のシステムは開発途上のものですが、ユーザーが利用するたびにAIが学習し、精度がさらに上がるとのこと。絵描きのみなさん、「ラフスケッチを提供してシステムの改善に協力する」にチェックを入れて利用し、ぜひ改善にご協力を!(筆者のへぼい絵がAIに悪影響を及ぼしていないことを祈りつつ)

(沓澤真二)

最終更新:9月7日(水)21時19分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]