ここから本文です

angela×fripSideコラボ曲MV公開、12月には逆名義シングル発表

音楽ナタリー 9/7(水) 21:00配信

angela×fripSideの楽曲「僕は僕であって」のミュージックビデオショートバージョンがYouTubeで公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

angelaとfripSideは本日9月7日、LINE LIVEで配信された「『亜人』劇場最終章公開&TV第2クール放送開始記念・音楽特番」に出演。この番組中で10月から放送されるテレビアニメ「亜人」第2クール前期のオープニングテーマにして、コラボレーションシングルとなる「僕は僕であって」のミュージックビデオを解禁し、YouTubeでも配信した。また番組ではangela×fripSideとしてのアーティスト写真と、10月19日にリリースされるシングル「僕は僕であって」のジャケットも公開された。シングルは期間限定盤と通常盤の2形態で発売され、期間限定盤にはこのたび公開されたMVのフルレングスバージョンが収められたBlu-rayが付属する。一方CDのみの通常盤には「僕は僕であって」のatsuko(angela)のボーカルパートのみ収録したバージョン、南條愛乃(fripSide)のボーカルパートのみバージョンなどが収録される。

さらに彼らは「亜人」第2クールの後期オープニングテーマを担当することも発表。後期オープニングテーマはfripSide×angela名義の「The end of escape」という楽曲で、この曲の収録されたシングルは12月7日にリリースされる。

angela×fripSide「僕は僕であって」収録内容
期間限定盤
CD
01. 僕は僕であって
02. 僕は僕であって TV size
03. 僕は僕であって off vocal version

Blu-ray
・「僕は僕であって」Music Clip

通常盤
01. 僕は僕であって
02. 僕は僕であって part of atsuko
03. 僕は僕であって part of yoshino nanjo
04. 僕は僕であって off vocal version

最終更新:9/7(水) 21:00

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]