ここから本文です

ヤクルト山田が痛恨悪送球 真中監督「結果的にあれが…」

デイリースポーツ 9月7日(水)22時55分配信

 「DeNA7-3ヤクルト」(7日、横浜スタジアム)

 ヤクルトは3連敗を喫し、3位のDeNAに4ゲーム差に広げられた。

 守備で痛いミスが出た。同点の五回2死一、二塁。山田が倉本の二ゴロを捕球後、一塁に悪送球(記録は安打と失策)し勝ち越しを許した。真中監督は「山田の能力ならアウトにしてほしかった。結果的にあれが、大きなプレーになった」と嘆いた。

 初回に2試合連続となる35号先制2ランを放った山田だが守備では、いずれも失点につながる2失策。若武者は「切り替えて頑張ります」と必死に前を向いた。

 チームは、CS進出を争うDeNAとの大事な直接対決3連戦で連敗。指揮官は「まだ望みはある。あした一つ取って次につなげたいと思います」と必勝を誓った。

最終更新:9月7日(水)22時59分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報