ここから本文です

舞台「おそ松さん」特集がブロスで!6つ子の関係性を紐解く8ページ

コミックナタリー 9月7日(水)21時55分配信

テレビアニメ「おそ松さん」を原作とした舞台「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」の特集が、本日9月7日発売のTV Bros.9月10日号(東京ニュース通信社)にて組まれている。

6つ子と、それぞれを演じる役者の関係を、撮り下ろしビジュアルをふんだんに使用し紐解いていくこの特集。おそ松役の高崎翔太、カラ松役の柏木佑介、チョロ松役の植田圭輔、一松役の北村諒、十四松役の小澤廉、トド松役の赤澤遼太郎が自身のお気に入りのアニメエピソードや役作りについて語っているほか、役者陣が他キャストと他キャラクターへの思いを明かしている。

またF6を演じるキャスト陣からのコメントも収録。おそ松役の井澤勇貴、カラ松役の和田雅成、チョロ松の小野健斗、一松役の安里勇哉、十四松役の和合真一、トド松役の中山優貴が、出演決定時の気持ち、アニメの感想、自身が演じるキャラの印象などを寄せた。

最終更新:9月7日(水)21時55分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。