ここから本文です

歌ネタ王4代目王者に「かまいたち」 賞金300万円はスニーカーに?

デイリースポーツ 9月8日(木)0時38分配信

 歌と笑いを融合させた“歌ネタ”のナンバーワンを決める「歌ネタ王決定戦2016」の決勝が7日、大阪市内で行われ、男性2人組の「かまいたち」が王者に輝き、優勝賞金300万円を手にした。

 優勝したかまいたちは山内健司(35)と濱家(はまいえ)隆一(32)からなるコンビ。「替え歌」と題したネタ481点を獲得し優勝した。

 かまいたちは終了後に会見し、濱家は「たまたま優勝させてもらった感覚でいる。気持ち新たに頑張っていきたい」と心境を語った。かまいたちに歌ネタのイメージがなかったとの指摘に対しては、「賞レースに縁がなかったので、歌の入ったコント」との意識で臨んだと明かした。

 賞金の使い道について山内は「今回はマジで優勝してやろうと、先に大量の買い物をしてまして」と話し、スニーカーなどをすでに80万円分購入していることを明かした。

 今後については、キングオブコントに照準を合わせると明言。山内は「(会見より)早くネタ合わせしたい」と発言し、会見場を盛り上げるなど喜びを爆発させていた。

 東京進出について濱家は「東京へ行きたいと前から思っていた。(歌ネタ王・キングオブコントで)弾みをつけたい」と意欲を見せた。

 最終ステージは、かまいたち・ゆたかな真也は一の介、ラニーノーズの3組で争われ、かまいたちとラニーノーズが481点で並ぶ展開に。大会のルールによりファーストステージの得点が高かったかまいたちの優勝となった。

 今大会は1210件のエントリーから、かまいたち・シャンプーハット・チョコレートプラネット・トット・どぶろっく・2700・まとばゆう・ゆたかな真也は一の介・ラニーノーズの9組が決勝に進出していた。

最終更新:9月8日(木)0時40分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。