ここから本文です

【C大阪】年間パスで観戦しない試合の再販売が可能に…「チケットビス」日本法人と契約

スポーツ報知 9月7日(水)16時18分配信

 C大阪は7日、チケットエクスペリエンス社とグローバルチケッティングパートナーとして契約を締結したことを発表した。

 同社は、スペインのオンラインチケット売買仲介プラットフォーム「チケットビス」の日本法人で、C大阪は海外40か国以上でもホームゲームの入場券を販売することになる。チケットビスのハビエル・コルバチョ・アジア太平洋地域マネジャーは「より多くの外国人ファンを誘致し、セレッソ大阪の知名度がワールドワイドになることを期待しています」とコメントした。

 また、年間パスポートを保有している人が、観戦しない試合分を他の人に譲ることができる公式リセール(再販売)を行う予定。米大リーグ・ヤンキースなどが公式リセールを導入し、観客動員増につなげているという。同マネジャーは「公式リセールのメリットを日本に広めていきたい」とした。

【関連記事】

最終更新:9月7日(水)16時18分

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報