ここから本文です

はるな愛「えぇねんで」で念願の演歌歌手デビュー

音楽ナタリー 9月7日(水)23時48分配信

はるな愛がタワーレコード内にセルフレーベル「HARUNAYA RECORDS」を設立。本日9月7日、同レーベルよりシングル「えぇねんで」をリリースした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

はるなは今回、親の影響もあり幼少期から親しんできた演歌に挑戦。楽曲や歌詞、ジャケット写真、ミュージックビデオなど、すべての制作作業に自ら携わったこだわりの作品で、長年の夢だった演歌歌手デビューを果たす。

今作のリリースを記念して、9月10日に神奈川・ラゾーナ川崎プラザ2Fルーファ広場にて観覧フリーのイベントが行われることが決定。イベント当日「えぇねんで」を購入した人は握手会、サイン会、撮影会に参加することができる。

はるな愛 コメント
父の夢である念願の演歌歌手になれました。
大西賢示の名前ではないけれど、演歌歌手はるな愛として、まごころを伝えられたらいいなあと思っています。
落ち込んだ時ややる気が無いときにみんな一緒だよという気持ちを込めて歌っています。
辛い時、悲しい時もあるけれどその分楽しいことがあると思います。
この曲を聞いて元気にポジティブになって欲しいです。
そして目標は紅白歌合戦に出場して歌うことです。
皆さん、応援よろしくお願いします。

はるな愛「えぇねんで」収録曲
01. えぇねんで
02. えびす顔音頭
03. えぇねんで(端唄なし)
04. えぇねんで(カラオケ)
05. えびす顔音頭(カラオケ)
06. えぇねんで(端唄なし / カラオケ)

はるな愛「えぇねんで」リリース記念イベント
2016年9月10日(土)神奈川県 ラゾーナ川崎プラザ2Fルーファ広場
[第1部]START 13:30
[第2部]START 16:30

最終更新:9月7日(水)23時48分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。