ここから本文です

【陸上】メダル紛失?400Mリレー銀・飯塚、地元・静岡凱旋でヒヤリ

スポーツ報知 9月8日(木)6時47分配信

 リオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレーの銀メダリストで、静岡・御前崎市生まれの飯塚翔太(25)=ミズノ=が7日、静岡市内のテレビ各局に生出演した。Daiichi―TVの生番組「まるごと」、NHK「たっぷり静岡」に登場するなど、“電波ジャック”した。

 リオ帰国後は、あいさつ周りなどで大忙しの飯塚が地元のテレビ局をはしごした。「まるごと」出演前には一時、銀メダルを紛失して関係者と探して回るなど、一時は騒然。控室で見つかるドタバタ劇もあった。出演者とリオ五輪のリレー前に見せた日本刀を抜くパフォーマンスを披露。本番は飯塚が考案したもので「パフォーマンスをしたチームがメダルを取った。あれでいい雰囲気になったと思う」と、裏話を明かした。

 質問コーナーでは、「東京五輪では、金を狙うか」という質問に〇の札を上げた。「目標にすべきもの。もう一回、いい報告出来るように頑張りたい」と、力強く答えていた。

最終更新:9月8日(木)9時22分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。