ここから本文です

【阪神】今季負け越し決定に「今さらね…」…金本監督一問一答

スポーツ報知 9月7日(水)22時44分配信

◆阪神2―3巨人(7日・甲子園)

 阪神が巨人に競り負け、55勝71敗1分となり、今シーズンの負け越しが決定した。9回に北條の甲子園初アーチで1点差に迫ったが反撃もそこまで。甲子園の巨人戦は、今季、8敗1分で9試合連続白星なしとなった。阿部に2本の適時打を含む5打数5安打とやられ、先発の田口にも今季6度目の対戦で5つめの白星を献上と、天敵に好き放題にやられた。試合後の金本知憲監督(48)の一問一答は次の通り。

 ―最後に粘りは見せたが、田口が崩せなかった。

 「序盤はいい当たりが正面をついていたけど。まあ前回(8月19日、東京D)よりは、いい当たりをしていたんじゃないかな。ただ、好機で1本が」

 ―8回2死二、三塁で鳥谷の右中間への打球を長野が飛びついて好捕した。

 「まあ、あれは抜けたと思ったよね。球際の執念で捕られて。まあ、得点圏で向こうは3回、タイムリー打って、こっちは1回。そんな感じの試合だった」

 ―阿部の適時打は2本とも2死からファーストストライクを打たれた。

 「そこは考えないと」

 ―甲子園の巨人戦で今季は、まだ勝利がない。

 「もう、その質問は…。言いようがないよね」

 ―今季の負け越しも決まった

 「今さらね…」

最終更新:9月7日(水)23時39分

スポーツ報知